From 1月 2011

HYBRID WETSUITS

ハイブリッド ウエットスーツ
トライアスロン(オーシャンスイム) ・ サーフィン ・ライフセーバー。
すべてに本気で使えるウェットスーツの販売を開始しました。

過去に他社からも同様のコンセプトのウエットスーツを販売されていますが、
はっきりいって、どれも中途半端。
トライアスロンで使うには、ジャージ部分が多く
どう考えても、泳ぐには不向きで速く泳げそうにないし、かっこ悪い。

サーフィンするにも、機能的にはまったく問題ないけど、
デザイン的にダサイ。

そんな、全てを解消すべく、
企画からかれこれ3年。
テストを繰り返し、ついに完成しました。

中途半端でどっちつかずなウエットスーツではありません。
一切の妥協なく、機能とデザイン全てにおいて満足できるまで仕上げました。

ハイブリッドウェットスーツ ガイド

背面・膝下部に撥水加工をした生地(SCS素材)を使用。泳ぐ際の水の抵抗を最小限に抑えます。
膝下部にSCSを使用することにより、トランジットの際にもスルット脱げます。

サーフィン時にコスレやすい部位(股部・膝部)にはジャージ素材を使用。
膝部には立体膝パッドを採用。
ニーパドルをあまりしない人には膝パッドは不要かもしれません。
ただ、膝前部をスキン生地にすると、膝部の強度が弱くなるので抜ける(破れる)可能性が高いです。
なので、ジャージ生地となります。
膝パッドなしのサーフィン用ウエットも微妙ですが。。
そこらへんは、お好みでOKです。
ただ、膝パッドがあっても、トライアスロン時には全くといって良いほど気になりません。

肩・腕周りには伸縮性の高いスキン素材を使用してます。
この生地はヤバイです。伸び伸びです。
伸びすぎちゃって困るぐらいです。
この部位の生地厚はお好みでチョイスしてください。
1.5mm/2mm/3mmをスタンバイしております。
薄ければ伸縮性は良いですが、強度が弱いです。
厚ければ伸縮性は劣りますが、強度は強いです。
保温性については、厳密に言えば厚ければ暖かいですが、
ブッチャケそんなに大差ないのかなぁって感じです。
サーフィン重視の方は3mm。
トライアスロン(スイム)重視の方は1.5mm。
まぁ、両方ともに重視したい方は2mm。がオススメです。
もちろん、厚ければ浮力は強いです。スイムの際のヘッドアップを「楽にしたい!」というかたは厚い生地をチョイスされるのも良いかと思います。
とりあえず、強度は強く、伸縮性の良い生地ですので、多少厚手でもフィッティングは良いですよ。

泳ぎやすいパネルパターンを採用することにより、泳ぎやすく、サーフィンの際のパドリングも楽にできます。

全てのパーツに国産最上グレードの素材を使用。 製造はもちろん国内。

「生地の厚さ」・「ロゴの配置」・「ステッチのカラー」は全てカスタム可能。
「クラシックテイストな真っ黒は嫌だ!」という方は、ジャージ部位のカラーチョイスが可能です。
カラーのストックは常時10色以上。パステル系・ネオン系・アース系。幅広くスタンバイしてます。
ネオクラシック的な感じで腕部にアクセントでラインやボーダーラインにすることも可能です。
通常、スキン1枚で仕上げてますのでジャージ生地が入り、縫い目も入りますので、厳密に言えば、伸縮性は悪くなり水の抵抗も増えますが、オシャレな感じで可愛くなりますよ。
ロゴの配置もカスタム可能です。
「ロゴを少なくシンプルに!」なんてご要望ももちろんOK。
胸や腕部に一箇所だけもモチロンOKです。
ただ、、ノーロゴだけは勘弁してください(ゴメンナサイ)。
ハイブリッドウェットスーツ

とにかく“フルオーダー”なのでデザインにつきましては何でも可能です。
お気軽にご相談くださいませ。
オリジナルの一着を製作させていただきます。

詳細はコチラ

アドバイザーの大西選手のインプレッションはコチラコチラ
ハイブリッドウェットスーツ